はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの組踊

14日 国立劇場おきなわ

いわゆるコンクールも一段落しました。各部門の受験者のみなさん、お疲れ様でした。

最高賞(優秀賞の一部も)くらいになると、公演などで見かける顔もあります。普段の舞台姿とはまた違った緊張感に包まれていました。
普段は厳しい先生方も、自分の門流の弟子の番になると、ドキドキしながら見守っているのが伝わってきます。

コンクール制度へは功罪両面の評価がありますが、沖縄の伝統芸能の継承において果たした役割は小さくないと思います。

継承といえば、夏休みということもあり、子供たちによる組踊公演がいくつかありました。
14日にあった古謝弘子美風組踊舞会子ども教室の「執心鐘入」は、本島中部や基地内の学校に通う小中学生が頑張りました。
唱えの調子などがうまくいかなくなると、悔しそうに必死になって立て直そうとする、一生懸命な姿は良かった。
鑑賞教室やワークショップと合わせて、伝承・普及のいい機会だと思います。

古謝先生は先日、女性による組踊も上演されました。在野でこのような試みを続けられるのは、(独自の手の保存の意味でも)とても貴重だと思います。



スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

古謝弘子先生の組踊りへの取り組み、好んで在野なわけではなく、結果的にそうなったと推測しますが、それでも、在野を引き受けようという心意気にかなり心酔しています。
「宮城美能留氏が生きていたら、組踊りは全然違っていたはず」という声を、昔、琉舞を習っていたという程度の、何人もの一般人から聞きました。
世界遺産登録絡みで、組踊の話題が増えるでしょうが、
あれだけ意欲的に活動していた美能留氏がなぜ、
組踊から離れることになったのか、だれかにきちんと
書き記しておいてもらいたいと密かに願っています。
  • posted by セバ@宜野湾 
  • URL 
  • 2010.08/19 02:24分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

お久しぶりです。

古謝弘子先生の活動、素晴らしいですね。金細工や取納奉行なども好きです。
美能留先生は、当時の芸能界に飽き足らずに、伝統に胡坐をかく先輩方に批判的ではあったようです。
しかし組踊から離れて居たのでしょうか。
亡くなる最後の最後まで、那覇市民会館の公演に燃えていらしたと聞いています。
そのあたりも含めて、きちんとした記録が残るといいですね。




> 古謝弘子先生の組踊りへの取り組み、好んで在野なわけではなく、結果的にそうなったと推測しますが、それでも、在野を引き受けようという心意気にかなり心酔しています。
> 「宮城美能留氏が生きていたら、組踊りは全然違っていたはず」という声を、昔、琉舞を習っていたという程度の、何人もの一般人から聞きました。
> 世界遺産登録絡みで、組踊の話題が増えるでしょうが、
> あれだけ意欲的に活動していた美能留氏がなぜ、
> 組踊から離れることになったのか、だれかにきちんと
> 書き記しておいてもらいたいと密かに願っています。
  • posted by 亀千代 
  • URL 
  • 2010.09/01 13:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。