はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖芸連の日記念公演・名作歌劇「薬師堂」

沖芸連の日記念公演・名作歌劇「薬師堂」

10月11日夜の部 国立劇場おきなわ

序盤の三月遊びの場面から、スター女優さんたちが盛り上げ、わくわく感が高まる。
主役・白露役の金城信次さんが良かった。思いを寄せる鶴からの手紙を読むツラネで、観客から拍手。国立の沖縄芝居ではめずらしいのでは。鶴役の伊良波さゆきさん(なんとなく佐辺良和さんに似ている感じがします)は、最近安定感が出てきて、落ち着いて見られる。

物語にメリハリをつける笑いの場面は、下男・北村三郎、高宮城実人さんがたっぷりと息の合ったところを見せてくれました。科に不合格になる真刈役の糸数きよしさんの盛った演技と真栄田文子さんの親ばかぶりも印象的だった。沖縄芝居役者で今一番好きな春洋一さんもさすがでした。

伊良波尹吉の作品は今でも絶えることなく上演されています。今回は代表作を顔の揃った役者で上演し、とても楽しめました。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。