はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女物狂い


12月18日 国立劇場おきなわ小劇場

真境名本流真境名英美門下発表会「空へ」で、子供たちが頑張っていました。
「女物狂」の人盗人役は阿嘉修さんが務めました。あまりイメージにない役でがしたが、大主手事に乗って、恐ろしい人さらいの雰囲気で登場しました。足を大きく上げる所作など、真境名由康先生の流れで演じていました。人相を改められる場面なども、コミカルさを押さえた演技でした。それだけに、指導の先生がいたら、もっと吸収できたはず、とちょっと残念でした。
akanusubito
人盗人に扮した阿嘉さん(本人提供)鉢巻のずれ具合とか、髭の形とか、いい味ですね。
「しいやぽう節」に乗せて、子供をかどわかそうとするところは、子役と踊りがなかなか合わない感じもしたけれど、かえって騙し、騙されるやりとりの緊迫が出たとまでいうと、贔屓目がすぎるかもしれません。

地謡は、堪能です。新垣俊道さん、仲村逸夫さん、喜納め吏一さんと歌い継いだ「子持ち節」。逸夫さんの張った声が悲痛な「散山」に対する俊道さんの柔らかいアーキー。箏・笛・胡弓・太鼓の奏者ももっと名前が上がる人たちだから、子供たちはきっと将来自慢になると思います。


「空へ」と同じ日に、真境名本流二人会「花のぬくもり」がありました。地謡は同じメンバーです。一日で2ステージも聞けていい思いしました。新垣俊道作詞・作曲の「綾結び」を、喜屋武愛香さんが自ら振り付けて踊っていました。あん小姿がかわいかったです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。