はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エデンの園



12月18日 桜坂g 


久しぶりに劇団コヨーテピストルの芝居を見た。
「エデンの園」は、何度か上演されているが、今度のパク・ファナム演出は、福永武史の初出演もあって、音楽とエネルギーの奔流が狭い空間を満たした。
「コヨーテXmas桜坂」とタイトル。リンゴや赤い毛糸玉を小道具にして、アダムとイブの楽園追放をよりイメージさせる演出になっていた。
観念的な戯曲を、音楽や映画のイメージを盛り込んで、スピード感あふれる舞台に仕上げた。

ビング・クロスビーやチャップリン、「愛の嵐」を思わせるシーンから一転、はしだのりひこ、ピンクレディーメドレーと続いていく。1980年代から2010年までの時の流れを、年代のゼッケンをつけた2人のリレーで表した。そのバックにYMOとパフュームを2曲だけを流した。
ラストの曲は、「ヤシの実」。名も知らぬ遠き島より・・・という名曲。知恵の実を食べた為に楽園を追い出された人間がヤシの実にかぶりつく。流転を重ねる人間とヤシの実。その直前には、日の丸と対極旗と沖縄県旗を引き下ろす場面がある。エデンの園とは国民国家の幻想だったのか。そこを追放され、あるいは脱出を選んだ人間たちは、ヤシの実のように、海上の道を旅していくのだろうかと思った。


てんぶす館や国立劇場での公演もいいけれど、福永さんの汗かかってきそうな狭い空間での上演もまた、楽しかった。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。