はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第21回玉城節子リサイタル

組踊「悲愁トゥバラーマ」

4月26日1時、6時
作・大城立裕 演出・幸喜良秀 振付・玉城節子
配役 マユンガニ・玉城節子 父・赤嶺正一 親雲上・神谷武史 島人1・大湾三瑠  島人2・宇座仁一 島人3・宮城茂雄 島人4・金城真次 島長・嘉数道彦 親雲上の妻・比嘉涼子
地謡 西江喜春、照喜納進、宮良康正ら


18世紀の石垣島を舞台に、島の娘マユンガニと首里士族の恋と別れを描いた新作組踊。
設定自体は芝居などでは「よくある話」で、それだけに組踊の中にどう八重山音楽を取り入れるかや、役者がどう演じるかなどが見どころになるだろう。


夜の部。
主役の玉城節子は、はまり役。組踊の様式性からいうと、感情表現が躍動的かもしれないが、初々しい可愛らしさと一途さが「永遠の少女」の面目躍如か。
中盤の親雲上との出会いを感謝する場面で、上手から少し小走りにでて、ピョコンと跳ねて胸のあたりで両手を小さく広げる。顔の表情へのクローズアップ効果を上げているのはもちろんだが、花が開いたような乙女の喜びを一発で表す。島人みんなに(特に実年齢でいえば50歳近く違う若手もいる)惚れられている娘になっている説得力がある。
 そんな娘が、島人が親雲上に対していじめるような振る舞いを見せると、身を投げてこれを止めようとする激しさを見せる。娘特有の純情と激情の両面を持つ存在であればこそ、訪ねてきた妻とともに首里に戻る親雲上との別れでの、感情を押し殺した演技が生きてくる。稽古では度々涙を流していたとのことだが、それだけ役に入り込んでいたのだろう。白地衣装から黒地衣装に変わるのも親雲上との出会いによる’成長’。

親雲上の神谷武史。親雲上は医者で、唐旅の途中で船が難破し、島に滞在している人物だ。「まれ人」であり「寄り物」である。マユンガニの目には当初から輝く存在だったであろうが、マユンガニの父を含む島の人のたちを治療するなどの実績もあって、彼女に「宝人」とまで言わせている。神谷はそれにふさわしい存在を具現化していた。動いて良し、しゃべって良し、そして止まって良しである。歌舞伎のほうに「地芸」という言葉があって、時に体を殺し、ハラで他人の芝居をうけることを条件とするという。相手の芝居の間はじっと体を動かさずに観客の視線を相手役に集中させておきながら、その演技を引き受けて芝居をする。親雲上役はそれができていたのが感心した。

マユンガニの父親は、唱え、つらね、歌と要素のいろいろある役どころで、意欲旺盛な赤嶺正一が引き受けた。白髪ではあるが、ところが、年頃の娘を持つ父親らく、あまり年寄りくさくしなかった。

親雲上の妻は、船が難破し何年も心配していたら、夫は八重山の島で首里を忘れて娘と暮らしていると聞いて島まで渡ってきた女である。父親や島人に、首里に戻るか島に残るかは親雲上の心次第だと、つとめて平静に語る。その場にはマユンガニもいるが士族の内儀としての対面とプライドを保とうと、身分からも年齢からもずっと下の「小娘」に夫をとられた悔しさを押し隠そうと、マユンガニは目に入っていない風を装っている。いよいよ出立となったときに親雲上に駆け寄ろうとするマユンガニを牽制するように進路をふざぐだけ。

島人の青年役の4人は、マユンガニへの賛歌を踊りながら出てくる冒頭の場面から、各々の個性を表し、島長の嘉数も上手に舞台を進行させた。

クライマックスはトゥバラーマ。親雲上が去った後、残された島の人々がそれぞれ歌い上げる。マユンガニの寂しさに離島苦シマチャビの思いを重ねる絶唱だが、金城真次が歌詞にも恵まれて印象的。次いで宮城茂雄は出だしに八重山を意識した歌い方だった。

音楽は八重山古典民謡から「くいぬぱな」「ちぃんだら節」などを取り入れ、冒頭は新曲「ちゅらちゅら節」。「トゥバラーマ」は役者も歌う。八重山曲が入ったことで、ふくらみが出た。



大城作品は今後「さかさま「執心鍾入」」「海の天境」「遁ぎれ、結婚」の上演が控えている。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。