はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日


母の日といえば、沖縄芝居の日となったのはいつからだろうか。
戦後なのは確かだろうけれど、沖縄芝居の人気がだんだんと下火になっているにも関わらず、
目についたところでもこのくらいある。郷土劇場がなくなったのが改めて寂しい。

乙女椿:ホテルロイヤルオリオン
郷土芸能の夕べ:石垣市民会館大ホール(石垣島)
西川壱瑚日舞教室:マティダ市民劇場(宮古島)
うどぅい 母の日公演:うどぅい(南城市玉城)
東綾雲『ウチナー女の昭和史』 :国立劇場おきなわ(勢理客)
劇団群星 『中城情話』:宜野湾市民会館大ホール(宜野湾市)
劇団うない 『チャー木の精』:読谷村文化センター鳳ホール(読谷村)
劇団舞台『面影と連りて 』:パレット市民劇場(久茂地)
仲田幸子一行 『辺戸情話』:浦添市てだこホール(浦添市)
劇団与座 異色時代劇『泣くなよ島人』:那覇市民会館(寄宮)
劇団伊良波 歌劇『ヒーファ小(伊良波尹吉):豊見城市立中央公民館(豊見城)
劇団花園 『美人の妻 情けの妻』:うるま市石川会館(石川)
山里ユキ/饒辺勝子/金城恵子/母の日 歌遊び「女三人花じゃかい」ミュージックタウン音市場(胡屋十字路)
新城浪~ナミイ~『うたと言葉と映画のつどい』 桜坂劇場

これだけを一日に集中してできるのだから(二回公演のところも)、それぞれのお客があと一回見に来てくれれば、
もうちょっと劇場に活気がでるのと思う。

与座の公演にしか行けなかった。次期スターを目指す与座幸賢主演の「今帰仁の女祈(ママ)殿内」と民謡ショー。母の日らしく、親孝行ものの「不孝戒め」に「泣くなよ島人」に舞踊という演目。

花城英樹さん神谷大輔さん(師範おめでとう)の出てる舞台とか、伊良波とか、山里ユキさんところとか、うないとか他の所にも行けばよかった。


来年の母の日公演の場所取りクジ引きも結果が出たようなので、また2010年を楽しみに。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。