はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二期組踊研修修了発表会

2期生1



2期生2



3月3日国立劇場おきなわ大劇場


修了発表会では恒例(になっていくのかな?)の組踊「花売の縁」が上演されました。

森川の子 田口博章
乙樽 天願雄一
鶴松 西門悠雅
猿引 岸本隼人
薪木取 玉城匠
歌・三線         
平田旭・喜納吏一・
仲村渠達也・大城貴幸


という、ちょっと意外な配役でしたが、それぞれよかった、と観客同士で感想を言い合いました。

天願さんの女形は組踊りでは、なかなか見られないと思いますが、しり上がりに良くなっていました。貴重な阿麻和利役者候補が幅を広げたと思います。西門さんも幼いのにしっかり者の鶴松で、期待通り。岸本さんは華奢な猿引。田口さんも珍しい男の役でした。

仲村渠さんの仲間節、大城さんの干瀬節、平田さんの立雲節も、その人らしい雰囲気でした。

カーテンコールのあいさつにもあったけれど、一期生の評判が良いだけに、何かと比べられることもあったと思いますが、3年間の研修お疲れ様でした。これからも、組踊中心に楽しい舞台を見せてください。

::::::::::::

薪木取のトロッとした唱えを聞いているうちに、いつしか夢の中へ。気が付けば、揚七尺が終わっていました。良かったとの評判を耳にするにつけ、心残りです。でも、気持ちよく寝むれるのは、演者が上手な証拠だとも言うし、偉い先生もうつらうつらしているのを結構お見かけするので、それはそれでアリ…な分けなく、お目当てを逃したのが残念。本番に弱い客というのもいるのです。




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。