はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予習復習   宿納森の獅子

sisi



気を取り直して、予習復習。

新作組踊「宿納森の獅子」です。
嘉数道彦さんが芸大修士演奏で2004年に初演したもので、その後芸大定期公演や国立劇場おきなわ研究公演、宿納森ゆかりの南城市の市民劇などで上演を重ねてきました。
ディズニーの「美女と野獣」から着想した親しみやすい作品です。女性の間の者を登場させるなど新工夫もあります。
一方で、冒頭の思い人を幸せな気持ちで待つ女が心情を吐露する冒頭部分では「いちんたう節」が使われています。「手水の縁」などの伝統作品を踏まえた構成にもなっています。
(余談ですが、今年の修士公演にかかった大城貴幸さんの「恋しニヌファ星」も同じ曲で始まります。主人公の恋人たちを結ぶ間の者にハーメーを用いるなど、先輩の作品を勉強してるなと思ったのを思い出します)


「しびらおうざ節」など面白い曲が取り入れられた作品ですが、出色は創作曲「忍び思い」。「福寿松竹梅」でおなじみ(と通じる時代がきますように)の仲村逸夫さん作曲です。


写真は国立劇場おきなわちかくのシーサー通りの獅子加那志。この公演は延期や中止になったりしませんように。その前に、入場券の抽選に当たりますように。




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。