はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんなやりかた 考えかた

大震災から10日以上過ぎました。
復興には息の長い支援が必要だそうです。スタートダッシュと継続の両面でできることを考えないといけないですね。

震災の余波で、沖縄県内でも、伝統芸能公演やイベントが中止・延期になったり、チャリティーライブが急遽開催されたりしています。公的機関がかかわった公演でも、対応が分かれましたので、ちょっとメモ。被災者に思いを寄せるのは同じでも、いろいろなやり方があるのですね。念のために書いておきますが、やったからいい、止めたのが正解という判断を下すものではありません。


国立劇場おきなわは、自主公演(歌舞劇「首里城物語」、公開講座「組踊の音楽」)を中止。
上原良幸理事長名で<国費で運営されております国立劇場おきなわとしても、被災者との痛みを分かち合うため>との声明を発表しました。貸劇場公演は主催者にまかせています。

上原理事長は沖縄県副知事でもあります(というか副知事に付随する役職として理事長を務めています)が、沖縄県伝統芸能公演実行委員会(沖縄県文化振興課仕切り)の「沖縄県伝統芸能公演 琉球舞踊 玉城流玉扇会」は予定通り開催されました。
ちなみに沖縄県などが主催する「沖縄国際アジア音楽祭(ミュージックス)2011」は中止です。仲井眞知事は<「気象庁が今後1カ月は状況を見守る必要があると発表していることなどを総合的に判断した>など理由を発表しました。

国関係でいえば、国営沖縄記念公園のひとつである首里城公園では「舞いへの誘い」の演目を一部変更し、当分の間、かぎやで風などの祝儀舞踊を取りやめました。管理センター名義の声明では<被災された皆さまに配慮し>と説明されています。首里城のライトアップは中止です。

那覇市ぶんかテンブス館は木曜芸能公演を実施、4月17日に被災者支援コンサートを実施します。

沖縄市文化観光課が協力するNPOコザまち社中主催の「コザ歌舞団Vol.3 笑いの宅配便『命舞々』」は3月26日に「被災地に勇気を届けたい」と予定通り実施されます。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。