はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回紅男志展

紅男志展



4月19~24日 沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー1

7人の男性作家による合同紅型展。紅型といえば、王朝時代は女性や若衆の衣装、現在では踊衣装というイメージがあったので、「男物一点」出品という縛りが面白かったです。

印象に残ったのは、永吉剛大さんの着物「籠球」。青灰色地にバスケットボールとコートの模様を規則的に配しています。ボールが亀甲の崩しのようでもあり、なじんでいました。

保聡さんの「恐竜小紋」は茶色に白抜きで翼竜や首長竜を散らしています。インカ風?に図案化されていたのが可愛かった。

安次富長武さんの帯「花柄亀甲柄文様」は、鮮やかな黄色とシンプルな亀甲文様で締めてみたいと思いました。

入場無料、おすすめです。





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。