はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華果西遊記

華果西遊記(かかさいゆうき)
 市川猿之助=演出
常磐津連中・竹本連中
6月20日 国立劇場

あらすじなどはこちらチラシで。


 スペクタクルいっぱいの市川猿之助歌舞伎が、東京・国立劇場の六月歌舞伎鑑賞教室(1-24日、大劇場)で初上演される。演目は三蔵法師や孫悟空が活躍 する「華果(かか)西遊記」で、美しい女王姉妹が住む妖怪の国に入った一行の大活躍を描く。きらびやかな御殿が一瞬、荒家に変わる大仕掛けや、妖怪と悟空 らの激しい立ち回りなど、澤瀉屋(おもだかや)ならではの楽しさがふんだんに盛り込まれている
   

  孫悟空 市川右近
  猪八戒 市川猿弥
  沙悟浄 市川弘太郎
  芙蓉実は妹蜘蛛の精 市川春猿
  女王実は姉蜘蛛の精 市川笑三郎
  玄奘三蔵法師   市川笑也

という、歌舞伎以外でも活躍中のメンバーは、息もぴったりでスピード感があった。その他のお弟子さんたちも、トンボを切っり立ち回りで上手にやられたりとアンサンブルがいい。『通俗西遊記』をもとに猿之助が娯楽性たっぷりに演出した。なかでも、孫悟空の分身で、十数名の子供たちが登場したのがかわいかった。右近の左右に一列に並んで、「かっぽれ」風の総踊り。よく訓練されているのはもちろんだが「僕を、私を見て!」というオーラが出てる感じがほほえましかった。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。