はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能花舞台その3

「貫花」・・宮城園美
 こちらも清文・康子コンビの歌三線。白地に小花を散らした紅型衣装を肩抜きにして軽快に踊っていました。バックも海岸と青い海で南国ムードいっぱいです。




「下り口説」・・東江裕吉
 守礼門を赤単色で写した写真をバックに、唯一の男性舞踊家の登場です。チーグシのアテかたなど格好良かったです。

 いろいろと凝った演出がありましたが、所作台の上で踊っているのをシンプルに見せるのもいいと思います。カメラワークの工夫と地謡を映す必要もあったのでしょうが、登場と退場という、舞台では期待と余韻を楽しめる所をもっと見たくもありました。舞台と映像はそれぞれに演出の仕方がちがうのでしょうが、「花舞台」の琉舞は「演出物」が続いているので、「沖縄の歌と踊り」のような、舞台中継ぽいのも、たまにはいいのではないかと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。