はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組踊の未来へ 「執心鐘入」「さかさま執心鐘入」

組踊の未来へ 「執心鐘入」「さかさま執心鐘入」

8月20日 国立劇場おきなわ大劇場

組踊のユネスコ登録を記念し、沖縄県教育委員会が行っている記念事業「組踊への招待」。先日のシンポジウムに続き、「組踊の未来へ」と題した公演が行われた。

組踊の代名詞的古典作品「執心鐘入」と新作組踊に旺盛に取り組んでいる大城立裕作「さかさま執心鐘入」を一挙上演するという意欲的な試みである。

宮城能鳳指導・監修による「執心鐘入」は普段よりも一段と、格調を重んじたものだった。
額縁舞台を能舞台(御冠船舞台)風に区切った空間には、荘重な空気が流れている。感情が過多になりすぎると評されがちな演者も、抑制があった。七尺の斉唱から散山の独唱、笛太鼓の迫力と地謡も盛り上げた。先述した、最終盤の型の変更は、第2部に喜劇が控えていることを考えれば、巧まずして、対比という面でよかったのではないかと思う。


「さかさま執心鐘入」は、2年前の初演に続く再演である。初演は芝居風のセットや照明効果が使われたが、今回は「鐘一つ」のシンプルな舞台空間である。「さかさま」の原作と上演との比較は以前に書いた。上演はとても面白かったが、唯一疑問だったのがセット、特に下手に据えられた寺の門であった。舞台にあるものをすべて生かす嘉数演出にしては、特に演技に生かされている様子もないので、不思議だった。組踊の様式を意識したという再演の演出は成功したと思う。

今回は、「執心鐘入」と同じ鐘が据えられているだけである。上手に据えられた鐘の位置が、すでに「さかさま」であり、パロディーであることを示している。第一で古典を見た後だけに、パロディーの「元ネタ」がより分かりやすくなっていた。立方が「執心鐘入」と重なる役どころを演じていたためもある。というよりも、「さかさま」を基準に「執心」を配役したというところだろう。

立方・地謡ともに初演とほぼ同じメンバー(三線の喜納吏一が新加入)で、狭い空間を笑いで満たした。音楽も多彩で、箏・胡弓など、「執心」では目立ちにくい楽器も聞かせた。一部演者に緊張感の持続という面で課題もあった。観客は、初演のほうが手拍子・歓声は大きかったようだ。


はじめての組踊パンフ


入口で配られていたパンフレット「はじめての組踊」は丁寧なつくりで情報も多く読みごたえがある。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。