はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自発性

九州交響楽団やテレビ番組「題名のない音楽会」を立ち上げた、指揮者の石丸寛さんは「良いオーケストラか悪いオーケストラかは、自発的な奏者が多いか少ないかによって決まるといっても過言ではないと思う。優れた奏者というものは出のサイン(などという分かりきった不要のしぐさ)を受けなくとも、自分の旋律が全体の中でどういう意味を持ち、どのように要求されているかを知っているがゆえに、自発的に演奏しているから、出を間違えることもないのだ」と述べています。

どんなジャンルの音楽でも同じで、オーケストラのように指揮者のいない場合は特に自発性が大事なんだと思います。
例えば、三線3、箏、笛、太鼓、胡弓、という構成の地謡グループがあったとします。いい演奏の時は7人それぞれが、お互いに負けまいと勝負しているし、なおかつ、全体の目指す一点に向かって集中して高まっていくのが感じられます。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。