はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンキャンパス 琉球芸能鑑賞会

8月1日 
沖縄県立芸術大学のオープンキャンパスがありました。
各学部・学科が工夫を凝らして進学希望者にアピールしていました。高文祭と日程が重なっていますが、意外と多くの高校生が来ていました。

「楚與々節」が演奏されるというので行ってきました。「楚與々節」は、玉城あゆみさんが屋嘉比工工四から復曲して、2008年の修士演奏に掛けたものです。その後も芸大の皆さんがおりにふれて演奏しているようです。大湾清之先生が同年に川平朝彬工工四から復曲した「伊江早作田節」をチラシ的に配してさわやかにまとめていました。

他に舞踊「四つ竹」「前之浜」「加那よー」「獅子舞」「まみどーま・黒島口説」。
出演者が7月21日付の発表から、変更がありましたが、短期間にしてはまとめてきたのではないでしょうか。

地謡の平川くるみさんが良く通るきれいな声でした。男性では横目大通さんも良かったけれど、この2人の声が目立って、他の歌三線が沈んでいる感じもしました。

「獅子舞」はさらさら踊る人、自信なさそうに見える人、表現しかねている人など、踊り手の技量というか見せる力にばらつきがあって、アンサンブル的にちょっと?がありました。

「まみどーま」は、元気で楽しくはあるけれど、「半端にうまい」のが不満。
民俗舞踊としてのパワーと舞台芸能としての洗練との間で定まらない感じです。同じ大学生なら八重芸や琉芸のほうがこれに関しては良いと思います。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。