はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の幻@世田谷パブリックシアター


組踊~伝統と創造~

4月1日 世田谷パブリックシアター

パブリック

沖縄芝居実験劇場による「執心鐘入」と「花の幻」が世田谷パブリックシアターで上演された。古典と創作の組踊二本立て。旅公演につきもののハプニングはいろいろあったようですが、舞台は良かったと思います。「花の幻」は初演よりすっきりとしていました。

会場には、坂東玉玉三郎さんほか演劇評論や琉球舞踊の大御所などがいらしていました。全体の集客は「まずまず」といった感じですが、有名ミュージシャンも集客に苦労するわけですから・・・・。

クレバ

近いうちにまた東京公演があるといいですね。
演技演奏はばっちり。集客も、告知時期を早めたりすればなんとかなる予感。
というわけで、グッズをもっと頑張って、次からもっといいものを出してもらえるといいですね。


執心鐘入

[組踊指導] 宮城能鳳(人間国宝)
[地謡指導] 照喜名朝一(人間国宝)
[出演] 中城若松:金城真次
     宿の女:西門悠雅
     座主:宇座仁一 
     小僧一:嘉数道彦 
     小僧二:玉城 匠
     小僧三:阿嘉 修
[地謡] 歌・三線:照喜名進・照喜名朝國・上原睦三
     筝:大城智史
     笛:宇保朝輝
     胡弓:伊禮 薫
     太鼓:久志大樹

花の幻

[作] 大城立裕
[演出] 幸喜良秀
[振付] 玉城秀子、阿嘉修
[音楽] 照喜名朝一(人間国宝)、新垣 雄
[演出助手] 嘉数道彦
[出演] 踊玉城:大田守邦改め玉城盛義
     澄子:東江裕吉
     オミト:佐辺良和
     和男:嘉数道彦
     日本兵:金城真次・玉城匠
     黒い妖怪:阿嘉修・宇座仁一・岸本隼人・西門悠雅・天願雄一
[地謡] 『執心鐘入」に同じ




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。