はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂言「附子」「蚊相撲」

狂言「附子」「蚊相撲」

5日 あしびなー

キジムナーフェスタで狂言「附子」「蚊相撲」を見てきました。出演は豆腐狂言といわれる茂山一門。「狂言じゃ、狂言じゃ!」などの著作も楽しい茂山千之丞さんが2007年以来の登場でした。前回はわかぎゑふさんの新作もありましたが、今回は古典を2作品。8割がた狂言初体験の客席でしたが、子供たちはのっけから笑いっぱなしでした。

茂山童司
さんによる解説も、歌のお兄さんみたいで親しみやすかったです。京風の柔らかい言葉は魅力的ですね。「附子」の正体は砂糖だとの説明がありました。水あめのような黒糖ってこんなとかこんなイメージかな。今でも手に入るんですね。
附子から吹風に当たっても死ぬと脅かされた、太郎冠者と次郎冠者が、桶を遠巻きにして様子をうかがっている場面。太郎冠者が、風下のほうに回ろう、というと、すかさず次郎冠者が、風上のほうがいい、とフォローしていたのも息が合っている感じがしました。

「蚊相撲」は千乃丞さんの大名、童司さんの太郎冠者、茂山あきらさんの蚊の精という親子三代の共演です。人間と蚊が相撲を取るという、シュールでユーモラスなお話です。1923年生まれの千乃丞さんの発声が、本調子ではなさそうにもかかわらず、大きく良く通ってびっくりしました。

次は「棒縛」の競演が見たいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。