はりくやまく

琉球舞踊・組踊・古典音楽を見たり、聞いたり、のメモ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十六夜朝顔@名護

12月23日 名護市民会館大ホール

名護の観客はとてもリラックスしていて、普通に感想を言い合いながら舞踊や組踊を見ていた。
3度目の上演となる『十六夜朝顔』。マチャー・カマド・赤崎が赤ちゃんをあやしながら踊る場面や、友利大主が虎千代に髪差を与えるところなど、密度が上がっていて、スピーディーに感じた。その分、玉城和樹・入嵩西諭のアーキーに乗せた母子の再会から、親子3人が伝説の朝顔に祈るクライマックスは、じっくりと見せて、聞かせて、盛り上げた。

第1部の舞踊は、黒朝・ハチマチ姿の男性舞踊家10人による≪かぎやで風≫で幕開け。さあさあ節を入れて3曲構成にした≪かせかけ≫を大湾三瑠が踊った。≪高平良万歳≫は仲村逸夫に聞き入っているうちに終わっていた。舞踊は偉い先生がほめていた。
≪鳩間節≫は久玄先生そっくり。2人とも上手と、客席の声が聞こえた≪加那よー天川≫は声を掛け合いながらタイミングを合わせているように見えた。


次回の≪十六夜朝顔≫は2月24日午後6時30分から豊見城中央公民館大ホール。2月2日に沖永良部島、2月16日に宮古島で≪二童敵討≫をするそうです。

≪二童敵討≫といえば、子の会が2月28日に地域伝統芸能まつりで抜粋上演します。入場無料なので、興味のある方は、応募してみてはどうでしょうか。ただし、NHKホールです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亀千代

Author:亀千代
「歌たい舞うたい」と「子の会」のファンがつらつら書いてます。

文中敬称略の部分がありますが、ご了承ください。
エントリの間違いはぜひご指摘ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。